AGA治療

aga治療薬にはどんなものがありますか?

    

aga治療薬には飲み薬と塗り薬がある

aga治療薬には飲み薬と塗り薬の大まかに分けて2種類あります。飲み薬も塗り薬も即効性はありませんので一定期間以上の使用が必要です。個人差がありますが効果が出てくるまで3か月はかかります。

風邪薬では症状が治ったらもう使用を止めても良いですが、agaでは飲み薬も塗り薬も使用を止めるとまたagaの症状が始まりだしてしまいます。

効果が出てきた後も使用を継続することが必要です。

クリニックでカウンセリングを受ける男性

飲み薬のプロペシア

飲み薬のうち特に有名なのがプロペシアです。プロペシアの主成分フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されました。

その後に脱毛を予防する効果があることが分かり、aga治療薬として使用されるようになりました。agaは5αリダクターゼと言う毛乳頭に含まれる還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合し、脱毛作用のあるジヒドロテストステロンに変換されることが原因です。

フィナステリドには5αリダクターゼを抑える効果があります。性欲減退、勃起不全、倦怠感などの副作用がありますが確率は低めとなっています。

aga治療薬アボルブ

5αリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドは2型のみを抑えます。1型については抑える効果はありませんが、aga治療薬アボルブの主成分であるデュタステリドには1型も2型も抑える効果があります。

このためプロペシアよりも効果が高いと話題になっています。

塗り薬のミノキシジル

塗り薬のうち特に有名なのがミノキシジルです。ミノキシジルは高血圧を治療するための血管拡張剤として開発されました。その後に発毛を促進する効果があることが分かり、aga治療薬としても使用されています。

ソース⇒http://hsclinic.jp/ http://hsclinic.jp/

血流が悪化すると抜け毛や薄毛になることがありますが、ミノキシジルを使用すると頭皮の血流が改善されます。プロペシアもミノキシジルもアメリカ食品医薬品局FDAから認められています。

プロペシアは病院やクリニックへご来院し医師から処方を受けることが必要ですが、ミノキシジルであれば発毛剤がネットで販売されており手軽に入手できます。

日本ではミノキシジル5%の発毛剤がありますが、海外ではミノキシジル16%の発毛剤があります。ミノキシジルタブレットと言う飲み薬もあり、塗り薬のミノキシジルより効果が出やすいと期待されています。