30代になってどんなに頑張ってオシャレしても、パッとしないのはなぜ?

30代になってどんなに頑張ってオシャレしても、パッとしないのはなぜ?

流行りの物を身に付けても、なんだかパッとしないと思うことがあるでしょう。

それは、流行りばかりを気にしたり、自分の好きなものを選んでいて、自分に似合うものを選んでいないからです。

30代からのファッションで気を付けることは、自分に合っているかどうか、そして勇気を出して諦めることです。

可愛いものはワンポイントとして取り入れるべし

レースや花柄やフリル等の可愛い素材は、あまり目立たないようにワンポイントととして取り入れることをお勧めします。

服ではなくて、鞄や靴で取り入れることもお勧めします。さりげないほうが断然オシャレに見えます。

そして、お店で試着してみて、なんだかしっくりいかない時は、潔く諦めましょう。

流行りのものばかりを身に付けない

流行りの物を身に付けていれば、オシャレに見えるいうことは20代までと思っていた方が良いでしょう。

30代になったら、自分に似合うものと流行りのものとを組み合わせて、上手にオシャレをすることをお勧めします。

安物ばかり身に付けない

ファストファッションのお店が多数あり、簡単にファッションを楽しむことが出来ますが、30代になって安物ばかり身に付けると、お金がない人として見えてしまいます。

ある程度の年齢になると、品性が大事になってくるので、定番のアイテムはこだわりを持って購入することをお勧めします。

生地の痛みにくさや、色味やデザインなど何年経っても好きと思えるものを購入することは大事だと思います。

全部にお金をかけるのは、大変だと思うので、今年流行りのもの等は、安いものを購入して良いと思います。

自分自身が負けていないかよく見てみよう

流行りの服や髪型をしても、30代になると自分が想像しているようにならない時があります。

それは自分に似合っていないからです。

服は身長や体型で合う合わないがあるし、髪型は顔の形や顔つきで似合うものが変わってきます。

ネットや雑誌などで情報が得られるので、それを参考にしてみて下さい。

そして、似合っていないことは諦めましょう。

そうすれば今までしっくりこたかったことが見事に無くなり、またファッションを楽しめるようになります。

以上、4点のことをお勧めします。

30代40代50代と、これからもずっとファッションを楽しんでいけたらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました