因果関係に基づき研究された手相占いの基本

因果関係に基づき研究された手相占いの基本

手相占いのやり方

子供の場合は、利き手を、大人の場合は、利き手ではない方で占います。

これは、利き手は行動や建前の手と言われており、大人になればなるほど偽りが現れるからです。

そういう方の場合は、利き手ではない方の手が本当の自分を表している事が多いためです。

生命線は2重になっているかどうかをチェックします。

知能線は下降の具合をチェックします。

感情線は上方の長さをチェックします。

運命線は真っ直ぐな伸び具合をチェックします。

しわ以外にも、手のひらの丘と呼ばれているふくらみや、肌の色や手の厚みをチェックします。

手相占いの歴史

3000年前から5000年前の古代インドの知者が人間の全身のしわと運命とに多くの事例から因果関係がある事に気付き研究したことから始まりました。

それが中国を経由して、平安時代に日本に伝わりました。

インドからヨーロッパを経由して19世紀に日本に伝わった手相は西洋手相学といいます。

さらにシナ人が紀元前3000年頃に研究していた事もわかっています。

手相占いでは何が占える?

積極性や消極性などの本来の性格や将来の人間関係が占えます。

また、お金や実利を取るタイプか愛情や友情を大切にするタイプかなどの価値観もわかります。

他には、婚期など恋愛に関することもわかります。

どんな家庭を築くのかとか、浮気をしやすいタイプなのかがわかります。

さらに、金運や仕事運、健康運も占えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました