スクライングはどんな占いで何を知ることができるのか

スクライングはどんな占いで何を知ることができるのか

スクライングのやり方

スクライングを行うために、必要となるのが光を反射させるものです。

水晶玉を使う形が有名ですが、球体や水晶以外でも、グラスやスクライングミラーなど様々なもので、占いをすることができます。

占う際は、水晶玉などを手で温め、占いたい物を思い浮かべながら手をかざし、その中にビジョンが湧いてくるのを待つだけです。

ビジョンが湧いてくる時間は人によって異なりますが、練習をすることによって短時間でビジョンが見える状態へと変わっていきます。

スクライングの歴史

スクライングは、16世紀のヨーロッパで始まった占術です。

最初は、財宝の在処を占うために始まったものです。

実際にその財宝の在処を導き出したなど、結果を出したことにより、ヨーロッパ全土で行われる占いとなりました。

それ以前にも、日本で水晶を使った占いが行われていたという記録がありますが、現在行われているスクライングの起源は16世紀ヨーロッパが始まりと言われています。

スクライングでは何が占える?

スクライングの特徴は、これから先の運勢は勿論、過去のことや探し物の在処など、様々な相談に対応できることです。

ただ、そのためにはビジョンを浮かび上がらせ、その内容を読み解いていく力が必要となります。

リーディング力は、日々のトレーニングで高めていくことができますが、どこまで伸ばせるかは個人差があります。

さらに、ビジョンを見ることができても、正しく読み解けなければスクライングを行う意味がありません。

試してみて難しいと感じるのであれば、自分の力で答えを出そうとするのではなく、スクライングを得意とする占い師を頼る方が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました